マーケットの動き

2018/03/06 マーケットの動きとトレード所感

昨日のマーケットはニュースに一喜一憂する展開。

東京タイムは前半に堅調に円安方向に推移したものの

午後には失速し方向感出ず。

ロンドンタイムに入ると南北首脳会談が決定との報道を受けて

一気にリスクオン。

円安、USD安、EUR高、ポンド高、という展開になりました。

NYタイムも序盤は円安となりましたが

USD円ではUSD売りが優勢となりUSD円はやや円高方向へ。

総ブルとまでは言えないもどかしい展開。

最終盤にはコーンNEC委員長の辞任報道が流れ一気に円高という

荒々しい展開も見られました。

  <本日の注目イベント>

19:00(欧)国内総生産 (季調済) (前年比)

19:00(欧)国内総生産 (季調済) (前四半期比)

22:15(米)ADP民間雇用者数

22:15(加)住宅着工件数(季調済)(前年比)

22:20(米)ニューヨーク連銀ダドリー総裁講演

22:30(米)貿易収支

22:30(米)非農業部門労働生産性

22:30(米)労働単価

22:30(加)国際商品貿易

00:00(加)BoC政策金利声明

00:00(加)BoC政策金利発表

  <本日の売買戦略で感じた事など>

① 本日のマーケットの状況と感想、見通しなど

月曜に久しぶりに大きく円安方向に向かい、

マーケットには一定の安心感も感じられましたが、

今朝のコーン委員長辞任で米経済にまたも不透明感が出てしまい、

リスクを取りにくい環境になってしまいました。

EURとGBPに堅調さが感じられる点が救いですが

足元ではリスク警戒感が漂う中で、今日も慎重姿勢で

臨みたいところです。

②USDJPY(ドル円)

USD円は106円台を維持できず、コーン委員長辞任の報道もあり

105円半ばまで下落してしまいました。

基本的には本日は戻り売りを狙いたい。

106円ちょうど付近から。

ただし105円半ばは強めのサポートラインとして機能しており

突っ込んだ売りは慎重にすべきと思われます。

③EURUSD(ユーロドル)

EURUSDは買いが優勢、USD売りもEURUSDをサポートしているように見えます。

今日は1.24割れから、押し目買いで臨みます。

④GBPUSD(GBPUSD)

GBPUSDもUSD売りのサポートを受けつつ上昇。

今日はこちらも押し目買い方針のもと、1.387割れが目安となりそうです。

ABOUT ME
a1top(kazu)
当サイトはa1top(ABコンサルティング株式会社)のkazuが執筆しています。 FX歴10年のkazuです。 これまでに沢山のFX商材を購入してきました。 いわゆる「商材マニア?」状態でしたが、徐々に使えるノウハウや手法が見つかりはじめました。 私の実践記を交え、FXにまつわるニュースや関連の強い仮想通貨関係のニュース等をお届けします♪
https://traders-trust.com/ja/?a_aid=1262916_123