a1top(kazu)

⑤マーケットの動きとトレード所感

低い変動率、進むキャリートレード

為替市場が動きません。週末に米国が為替条項を要求と報道されましたが、10銭ぐらいしか円高に行きませんでした。買いオーダーが厚いのか、それとも、関心がなくなっているのか、判断に苦しむところです。この数ヶ月、米国は貿易問題をずっと中国とや...
⑤マーケットの動きとトレード所感

市場はややリスクオン方向に

昨日は原油価格が上昇した。豪ドルといった資源国通貨も上昇、グローバルの景気見通しに楽観が広がってきた。これまで、米中対立から悲観論一色だったが、米中の貿易協議は更に対立が深まるというよりも、両者ともより現実的になり、合意はなくとも改善...
⑤マーケットの動きとトレード所感

ビットコイン急上昇

本日13時頃、50万円を突破すると56万円前後まで一気に上昇しました。ショートの損切りがトリガーしたのでしょう。これまで動きのなかったビットコインですが、動意が出てきました。上がるにしろ、下がるにしろ、変動率は高まりそうです。仮想通貨...
⑤マーケットの動きとトレード所感

ゴールデンウィーク前の仲値需要でドル円上昇

ゴールデンウィーク中、海外旅行する方々の外貨買いが、午前10時の仲値で発動し、ドル円は111.40円近辺から111.70円を超えるレベルに一瞬のうちに押し上げられた。ただ、その後はもみ合い局面が続いている。ブルームバーグが伝えるところ...
⑤マーケットの動きとトレード所感

FOMCはハト派シフト

昨日のFOMCは、市場の予想以上にハト派にシフト。2019年の利上げ1回程度にドットチャートがシフトすると市場は想定していましたが、実際にはゼロ回。2020年もゼロでした。長期的にはあと1回の利上げ。米長期金利は2.52%前後まで下が...
⑤マーケットの動きとトレード所感

ニュースは多いが、意外に膠着相場

先週末、トランプ大統領はFRBパウエル議長を批判、強いドルに懸念を表明しました。また今朝は、米中貿易協議が合意が近いとのニュースもあります。しかしながら、為替相場はあまり動きません。今週は、米雇用統計、ECB理事会、豪中銀政策決定会合...
⑤マーケットの動きとトレード所感

旧正月開けの市場はリスクオン

本日の日経は531円高、見事な切り返しとなった。米中貿易交渉の頓挫や、中国経済の減速を見越してリスクオフポジションが構築されたが、やはりFRBの方向転換がきいているのであろう、世界中でリスクアセットが回復しており、ちょっと売り込めなく...
⑤マーケットの動きとトレード所感

本日のFOMCに注目

昨日の英下院におけるEU離脱代替案の採決は、かなりの数の法案が採決されましたが、結局最も有力なクーパー案が否決され、EUと合意できる、具体性を持ったものは何も決まりませんでした。混迷度がましたため、離脱確率が上がったと推定する金融機関...
⑤マーケットの動きとトレード所感

日銀、世界経済の下振れリスクを警戒

日銀政策決定会合は政策変更なし。「展望レポート」では2019年度と20年度の物価見通しを引き下げた。特に19年度は1.4%から0.9%へと大きい。原油価格下落が大きな理由だが、当初高めに出した物価目標を次第に引き下げるのは、すでに年中...
⑤マーケットの動きとトレード所感

落ち着きどころを探す

年末年始の混乱も収まり、目先の均衡点を探す動きになりそう。まだ、円高への警戒は消えてはいないが、FRBも緩和方向に政策をシフトしそうで、株価は安定が図られるでしょう。米中貿易戦争も、目先は何らかの解決策を見つけて、とりあえず収束させた...
タイトルとURLをコピーしました