マーケットの動き

2018/03/01 マーケットの動きとトレード所感

金曜のマーケットは円高の動きが継続。

東京タイムは株安を受けての円高。

午後には黒田総裁が出口戦略を検討する時期を

19年度ごろと発言したことからの円高。

ロンドンタイムに入ると、

トランプさんが鉄鋼・アルミなどへの関税付与、

また貿易戦争を助長するかのような発言がありUSD安に。

NYタイムに入ると金曜という事でやや買戻しの場面も見られましたが、

USDは逃げるように売りが入り、

相対的にEURが買われる展開となりました。

全体としては円だけが一方的に買われ、

USD、EURなどはお互いのファンダメンタルズによって

売られたり買われたり、といった格好。

一方的に殴られるボクサーの如く

円がめった打ちといった印象です。

唯一の救いはEURUSDでのEUR買いが

EUR円に波及して支えている点でしょうか。

  <本日の注目イベント>

17:15(欧)スペイン Markitサービス業PMI

17:55(欧)独 Markit PMIコンポジット

17:55(欧)独 Markitサービス業PMI

18:00(欧)Markit 総合PMI

18:00(欧)Markitサービス業PMI

23:45(米)Markit PMI(購買担当者景気指数)総合指数

23:45(米)Markit サービス業PMI(購買担当者景気指数)

00:00(米)ISM非製造業景況指数

① 本日のマーケットの状況と感想、見通しなど

本日は目立った指標は見当たらないようです。

今週木曜にはECB金利発表、金曜には日銀金利発表、米雇用統計など

大きな指標発表が予定されています。

これらのイベントを前に前半は身動きが取りにくいものと思われます。

今日のところは全体としてレンジイメージのようですが、

少し長い目で見ると、米国には利上げペースの増加期待がある一方で

トランプさんの保護主義政策への警戒、

EURには緩和縮小期待、ポンドにも緩和縮小期待があるもののブレグジット関連リスク、

円には・・・、一応緩和縮小期待 などなど。

トレードに活かせれば良いのですが。

②USDJPY(ドル円)

USD円は続落してしまい一時105.2台まで。

週後半のイベントに向けて、

週前半でいったん調整が入るように感じられます。

出来れば、今日は105.3台からの押し目買い方針???。

③EURUSD(ユーロドル)

金曜のEURUSDはじり高を見せまていましたが

日足を見ると中立に戻ったのみです。

21MAや雲上限がレジスタンスになっているようです。

今日のところは戻り売り方針で、

1.234から売ってたいと思っています。

④GBPUSD(ポンドドル)

GBPUSDはEURUSDにくらべて

やや戻りが鈍い印象がぬぐえません。

続落警戒で今日は戻り売り方針としますがちょっと様子見かな・・・?。

ABOUT ME
a1top(kazu)
当サイトはa1top(ABコンサルティング株式会社)のkazuが執筆しています。 FX歴10年のkazuです。 これまでに沢山のFX商材を購入してきました。 いわゆる「商材マニア?」状態でしたが、徐々に使えるノウハウや手法が見つかりはじめました。 私の実践記を交え、FXにまつわるニュースや関連の強い仮想通貨関係のニュース等をお届けします♪
https://traders-trust.com/ja/?a_aid=1262916_123